FC2ブログ

V6 GUIDE ~V6を初心者から楽しめるサイト~

V6を初心者のファンからでも楽しめるように作りました^^ごゆっくりどうぞ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「すべての四月のために」レポ

 昨日、剛くん主演舞台「すべての四月のために」を観劇してまいりました~(^∇^)ノ
 さっそくレポを……というかほぼ感想を書き連ねたものになりそうですが、一応ネタバレもしていますのでご注意を。


 いきなりまとめみたいなこと書いちゃいますが、このお芝居でまた新しい森田剛を見たような気がいたします。
 彼の演じていた萬石は、四姉妹の次女・秋子と結婚しておいて、長女・冬子への想いが捨てられないっていう、ちょっと残念なところがありつつ、戦時下にある日々のことを日記に綴り、将来平和になった時に自分の子どもや孫に読んでもらいたいと思っていたりもする人。
 これまで剛くんが演じてきた役と比べると、そんなにアクもないし、割と身近にいそうなタイプの男性かもしれません。
 また、他の登場人物たちがメインになる場面も多々あるので、時には脇役のように感じられることもありましたね。
 あれだけ表情豊かな役というのも珍しいかな……ハロネズのグレさんも表情豊かだったけど、舞台であれだけ笑ったり怒ったりしているのを見るのは、あまり見なかったような。
 あとは何より眼鏡姿が。(←ただの眼鏡フェチ)

 そういえば剛くん、萬石の息子も演じてたんだよね。
 最初と最後のシーン……戦後から年月の経った現代パートで出てくるんだけど、最初の時は誰だか明かされないままで、いきなりペットボトルの水を一気に飲み干すし、リュックから地図を取り出してお客さんに向けて説明する時に「こんなところに地図が!ビックリ!(わざとらしく)」とか言ってるし、「この舞台、こんなノリなの!?」ってちょっと私戸惑ったよね(笑)

 もちろん、こんなノリだけではなく……全体的に緩急の具合が絶妙なお芝居でございました。
 ちょいちょい出てくるコントのような場面に笑い、時には穏やかな場面もあり、重苦しいところもあり……巡り巡る季節のごとくステージ上に様々な空気が入れ替わり立ち代わり訪れるのが魅力的でした。

 登場人物で特に好きだったのは、理髪店のご主人でしょうかね。
 開演前にすでに理髪店内にいて、椅子で眠ってたりしていたんだけど、開演前のご案内をする時に幽霊だということを明かしてきて、若干「えぇっ」ってなりました(笑)
 お客さんと奥さまには見えているっていう。
 奥さまからなかなか雑に扱われて、自身もコミカルに振る舞うことが多いのですが、家族が苦しんでいる時には、それをしっかりと優しく受け止めてあげる素敵な人でございましたv
 奥さまは時に荒ぶり破天荒ではあるのですが、やはり家族想いで何かあれば必死になる素敵なお方でしたv
 ご主人は死後もずっと理髪店にいて、奥さまに煙たがられている様子でしたが、きっと一人きりの妻を案じて側にいてくれてるんじゃないかなぁと思えてしょうがなかったです(*´艸`*)

 あとね、四姉妹の末娘・春子もすごく好きだったなぁ。
 天真爛漫で、戦時下であっても明日への希望を持つ前向きさになんだか力をもらえました。
 そして少しでも戦争をどうにかしたかったのか、やってはいけないことをしてしまい、最終的には撃たれて亡くなってしまったのがなんとも切なかった。゚(゚´Д`゚)゚。

 最後にこのストーリーの中で好きだったのは、奥さまが戦時中も戦後もたくさん大変な思いをして最後には一人になってしまいながらも、ご主人(幽霊)に幸せだったと話していたり、萬石も日本に移った後いつも帰りたいと言っていて、それも叶わないまま亡くなってしまったけど、それでも日記の最後には幸福だったことが書かれていたり……こういうのすごく大事だなって思うんですよね。
 どんな状況下にあっても幸せを見つけられる人は、本当に幸せなんだと思います。

 てな感じで物語中の感想はこんなところで。
 カテコは毎度毎度仲良く手を繋いではけていく山本さん(ご主人)と麻実さん(奥さま)と剛くんがひたすら可愛かったです(*´ェ`*)
 剛くんほぼ連れていかれてる感あって余計に萌えました(笑)
 最後には剛くん一人で出てきて客席に手を振ってくれましたね♪

 以上でございます!
 1回だけではありましたが、笑って泣ける良質作品を拝見することができ、心より感謝です☆



Thank you for reading!
関連記事

| レポート | 21:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/12/14 08:40 | |

>>なつおさん

こんにちは、ご無沙汰しております^^

剛くんの舞台、ご覧になられたのですね。
人間の喜怒哀楽があふれ出ていて、本当に観た甲斐のあるお芝居だったと思います♪
それぞれの人物に思うことがあったり感情移入してしまったり、観ている側としては感情も揺さぶられますよね。

なつおさん的にはコンサートよりも舞台の方が心満たされる感じだということで、また次の作品が決まった時には期待したいものですね☆

| おっしー | 2017/12/15 17:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://v6guide1101.blog.fc2.com/tb.php/1791-bdec17e0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT