V6 GUIDE ~V6を初心者から楽しめるサイト~

V6を初心者のファンからでも楽しめるように作りました^^ごゆっくりどうぞ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

数秘術が面白いのでV6メンバーを調べてみた【長野編】

 今回はVさんの数秘術を調べてみたシリーズの長野くん編です♪
 数秘術初心者な私には難解な部分も多かったですが、今回も興味深い結果になりましたよ~(*´ェ`*)


 長野くんのライフパスナンバー。
 前回坂本くんの記事で書いたように、生年月日をから計算していきます。

 1+9+7+2+1+0+9=38
 3+8=11

 普通なら一桁になるまで足すのですが、ゾロ目になった場合はまた別の意味があるので、長野くんのライフパスナンバーは「11」となります。

 ちなみにゾロ目のナンバーはマスターナンバーと呼ばれます。
 性質が特殊で、またその数を持つ人たちも少数派になってしまうので、一桁数の人たちから見たら変わった印象を持たれがちのようです。
 人生における課題もハードなものが与えられるというか、無意識に自分から選んでしまうところがあります。
 (他人事みたいに言ってるけど、実は管理人もライフパスナンバー33を持っていて、マスターナンバーの話を読んだ時「あー……(納得)」ってなった:笑)
 確かに長野くんといえば、事務所に入ってからデビューするまでの道のりが非常に長かったですもんね(;´・ω・)
 もしかしたら他にも知られていない苦労があるかも。
 でも困難と向き合い乗り越えることで大きく成長できたり、自分本来の輝きに気付けたり、そしてその存在を以て周りに大きな影響を与えていくということもマスターナンバーの方には多いようです。
 確かにそうかもですね。
 だってなーのくん仏だし、後光差してるじゃん←
 ただプラスの面が出る時はとことん出るのですが、その分マイナスの面が出る時もかなり傾いてしまうようなので、やっぱりマスターナンバーって大変ですね(他人事)

 さてさて、11の意味についてですが……「感受性豊か、直感的、洞察力、美的センス、メッセージ、平和主義」などが挙げられています。
 何かと感じ取る能力に長けているという感じでしょうか。
 芸能人の方にピッタリのワードが多いですよね^^
 長野くんの場合だと、食関係にも発揮されてるに違いない。

 ただマスターナンバーの場合、特殊であるが故に特徴が出にくいといいますか、何かと大変なので特徴を無意識に抑えてしまっている場合もあるようなので、一桁にした数字も参考にするといいとのこと。
 てなわけで、一桁の「2」のワードもチェックしてみました。
 「気配り、控え目、母性、協調性、融合、サポート」などなど……。
 あとは11との共通項として、感受性や平和主義といった言葉が見られました。
 それにしても、こっちの方が長野くんぽい……特に母性(笑)

 ではここからはライフパスナンバー以外で気になったナンバーについて。
 長野くんはパーソナリティーナンバーに、私思わず納得してしまいました(*´艸`*)
 パーソナリティーナンバーといいますのは、その人が周りに与える印象を表しています。
 パーソナリティーナンバーは、坂本くんの記事でご紹介したソウルナンバーとは逆に、お名前の子音のみを数字に置き換えて足して出します。

 NAGANO HIROSHI
 ↓
 NGN HRSH
 ↓
 5+7+5+8+9+1+8=43
 4+3=7

 てなわけで、パーソナリティーナンバーは「7」になりまして、この数字は「探究心、内省、孤高、クール、神秘的、一人の時間」等を示しているようです。
 探究心の高さは、本当に見ての通りですよね~。
 でもあくまで周りから見た印象なので、本人からしたら好き過ぎて気付けば突き詰めていたという感覚かもしれません。
 また長野くんといえば基本にこやかにしているイメージなので、クールな要素はないようにも思うのですが、よく考えたらたまにさらっと毒を吐いたり、メンバーに素っ気なく一人でご飯行っちゃったりなんてこともあるので、あながちそんな印象もなきにしもあらず(笑)
 神秘的なのは、主に顔立ちだと思います☆←

 長野くんについてはこんなところでしょうかね。
 次回はイノ編をやっていきたいと思います~♪ 



Thank you for reading!
関連記事

| V6について | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://v6guide1101.blog.fc2.com/tb.php/1785-6eb40776

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT