V6 GUIDE ~V6を初心者から楽しめるサイト~

V6を初心者のファンからでも楽しめるように作りました^^ごゆっくりどうぞ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラブセン【BDシナリオ(3回目)振り返り】

ラブセン記事まとめ

 今回はラブセンのバースデーシナリオ(3回目)の振り返り記事です^^
 以前振り返りより長いレポの形でやっていた時に坂本くんと長野くんのはアップできなかったので、2人のはこちらが初めてになりますね。


岡田編
 今回のお誕生日は、テレビで見たのをきっかけにフィンランドのオーロラ観測へ。
 お目当ての村にやってくると、夜になるまで近くの綺麗な森をお散歩。
 途中、絵に描いたようなすごい色のきのこを見つけ、長野くんからプレゼントされた『自然を食べるハンドブック』なる本で食べられるか調べてみると、本人の字で「ひと口食べると笑いが止まらなくなるらしいよ」って書いてあったっていう(笑)
 夜、オーロラが出るのを待つ間には、剛くんからのプレゼントのポットに入った井ノ原さんセレクトのコーヒーだとか、リーダーからもらったチーズだとかを楽しんでおりました(*´∀`*)
 なかなか出なかったオーロラも奇跡的に見ることができ、2人は満足してコテージに戻り。
 ドーム型で一面ガラス張りになっている天井で、そこからもオーロラが見えるかもしれないっていうところなんですね。
 そこで主人公ちゃんは彼にトレーニングウェアをプレゼント☆
 その後甘い雰囲気になってキスするのかと思いきや、健くんからプレゼントされたトナカイのぬいぐるみを主人公ちゃんにキスさせた准くん(笑)
 それでも最後には輝くオーロラの下でキスを交わす2人なのでありました~v

森田編
 ある日、テレビで流れていたベトナム・ホイアンのランタン祭りに行ってみたくなった2人。
 そのお祭りは毎月満月の夜に開催されていて、2月も剛くんの誕生日の翌日にあるのですが、22日が彼のお仕事で行けそうになく断念したのでした。
 しかし後日、仕事終わりの剛くんと会った時、勝手についてきたらしい健くんが、ホイアンはお祭りのときじゃなくても夜景が綺麗で、また毎晩灯篭流しもできるのだと教えてくれて、ベトナムに行くことを決めるのであります^^
 ちなみに健くん、何も言われてないのに「お礼はお土産でいいよ?」とか言ってましたね(笑)
 2月20日、ランタンの光で幻想的な雰囲気に包まれたホイアンの街にやってきた2人。
 灯篭を買って、それに願い事を書くことになったのですが、「剛くんとずっと一緒にいられますように」と書こうとした主人公ちゃんに、彼が「それは別にいいっしょ。もう決まってんだから、一緒にいんのは」って言っててカッコよすぎた(:□ 」∠)_
 その後主人公ちゃんは「剛くんが、毎日幸せでいられますように」と、剛くんは彼女のことを笑顔にするとそれぞれ書いて灯篭を川に流したのでありましたv

井ノ原編
 ある日、主人公ちゃんがクロスワードをやっていたのですが、どうしても分からない言葉がありまして。
 そこでふいに快くんが「気晴らししに行かない?」と提案し、行き先は昔番組でメンバーと行って、また行きたくなったという屋久島でございました。
 後日、2人でお買い物に行った帰りに長野くんに会い、屋久島に行くことを話した快くんが「ドライバーとナビも来ちゃう?」って言ってたのがツボでした(笑)
 今回彼の誕生日が平日であったため、屋久島にやってきたのは14日。
 白谷雲水峡を歩き、苔で覆われた綺麗な森まで来ると、そこからさらに絶景だという場所に向かって進んでいきまして。
 辿り着いたのは「太鼓岩」で、その下には屋久島の森が一面に広がっていたのでした。
 ラストに彼がさり気なく「命の洗濯ができたなぁー」と口にしたのですが、実はそれは主人公ちゃんがクロスワードで分からなかったところ……どうやら快くん分かってたみたいですね。
 エピローグではお誕生日当日に、仕事が一緒だったメンバーたちと盛り上がる場面が……V5がお土産食べてばかりでお祝いないかと思ったけど、ケーキ食べたみたいです。
 帰宅後には彼女もケーキを用意していてくれて、さらに屋久杉の万年筆もプレゼントしてもらった快くん。
 で、早速それを使って、例のクロスワードの空欄だったところを埋めちゃうっていう(笑)
 しかしクロスワードの答えが「相思相愛」となり、なんかいい感じの締めになったのでしたv

三宅編
 健くんも今回はお誕生日前にお出かけ……行った先はハンガリーのセーチェニ温泉。
 仕事が一段落しそうだった彼が、2人で温泉にでも行きたいと話してまして、人目を気にせず気兼ねなく過ごせるところがないかと悩んでいたところ、坂本さんがハンガリーにも温泉があると教えてくれたのですね^^
 セーチェニ温泉は温水プール並みの広さで、水着着用で入るところだそうで。
 海外で、なおかつ周りのカップルたちも仲睦まじく寄り添っていることをいいことに、健くんも主人公ちゃんにべったり。
 彼女も健くんの誕生日が近いということで恥ずかしさも我慢して、「誕生日は甘やかすって決めてる」と言うのですね。
 その言葉をしっかりと覚えていた健くんはお誕生日当日、彼女の部屋を訪れるとさっそくキス(笑)
 主人公ちゃんが「今年もお誕生日おめでとうね」と告げれば、彼は「あとでもう1回聞かせて、添い寝とキスもつけて」とやっぱり甘えモードなのでありました(*´∀`*)

坂本編
 まぁくんの誕生日前のある日、彼がストックしておいてくれたアイスを食べつつ、テレビで観ていた瀬戸内が気になった2人は、そこへ旅行へ行くことに決めまして。
 数日後、彼と会うと、直前まで一緒にお仕事していた長野くんと健くんもいて、瀬戸内に行くことについて、健くんが主人公ちゃんに日焼けケアをちゃんとするようにアドバイスし、長野くんはあの辺の美味しいお店をリストアップしてくれるということでした(笑)
 お誕生日当日、瀬戸内をサイクリングで巡って楽しむと、夕方、予約した夕食まで時間があったので、コンビニでビールを買って堤防でゆっくり過ごし……。
 時間が近づいてきて、まだ残っていた主人公ちゃんのビールをまぁくんが取り上げると、彼女は内心助かりつつも文句のある素振りを見せ……全てを分かった上でビールを飲み干してくれた彼はやはり大人でございました(*´ェ`*)
 エピローグでは、疲れとお酒で眠くなってしまっていた主人公ちゃんにまぁくんがちょっかいを出してキスしたりしたため、結局彼女は目が冴えてしまい、あとはイチャイチャv
 後日、メンバーに会うと、まぁくん真っ先に長野くんにこの前にお礼伝えてるし、それを見たイノが2人に突っかかってくるしでトニセン愛おしい状態。
 そして主人公ちゃんが健くんを美容の師匠だと言っていたことを話すと、剛くんと岡田くんが「師匠」って言い出し、3人でじゃれ合うカミセンも愛おしい状態に(笑)
 翌日、まぁくんは彼女からもらった誕生日プレゼントの珍しいキッチングッズ一式の中にあったアイスクリームメーカーでアイス作りに挑戦。
 彼女にちゃっかりしてると言いつつも、出来上がったアイスを食べてみると興味が湧いちゃった彼なのでした。

長野編
 この年の博くんのお誕生日は遠出もできないでもなかったのですが、主人公ちゃんがどこに行くか尋ねてみたところ、意外にも家でゆっくり過ごしたいという答えで。
 当日の朝、彼の部屋で一足先に目覚めた主人公ちゃんは、朝食を作りに行こうのですが、目を覚ました博くんに引き戻されて、「しばらくこうしてよう」と言う彼に抱き締められ、二度寝。
 お昼過ぎからは、ちょっと豪華な夕飯を作ろうと準備を始めまして。
 2人仲良く料理をする途中で、博くんは今年の誕生日を家で過ごすことにしたことについて、「ゆっくり朝ご飯食べて、料理して……こういうなんでも一日が、一番贅沢なんじゃないかと思って」と打ち明けてくれるのですね^^
 そんなわけで、これからもずっと一緒なのだから3回に1回くらいは家でのんびりとした誕生日を過ごそうなんて話になるのでした。
 夕食の時も、他愛のない会話をして笑いの絶えない2人……主人公ちゃんは初めてのんびり過ごしたこの誕生日を、この先もきっと忘れないと思うのでしたv
 エピローグでは誕生日の前日にメンバーからお祝いしてもらった話がありました。
 とりあえず健ちゃんが背後から博に抱きついてきて、岡田がその後ろで「そこ代わって」って言ってたのが非常に萌えたし、それ以外にも長野くんが愛されてる感あってラストBDシナリオ最高だと思ったよね(*´ω`*)
 で、話は誕生日当日の主人公ちゃんとの夕食の後のことになり……彼女からプレゼントにお揃いの新しいお箸をもらった博くん。
 それを古くなるまで一緒に使っていこうと約束したのでありました☆

 以上です!
 次回は2014年の初夢シナリオの振り返りをする予定です^^



Thank you for reading!
関連記事

| ラブセンプレイ日記 | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://v6guide1101.blog.fc2.com/tb.php/1729-18340d40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT